「伝える、広がる。」シャフトプラスは、デザイン・WEB・映像・PRなど一貫した制作ができるクリエイティブオフィスです。

●広告業界で培った様々なノウハウや経験(エッセンス)を+(プラス)し、あらゆるビジネスシーンでお役に立てるクリエイティブワークを目指します。
●昨今の生活者のライフスタイルの多様化や、新型コロナウィルス感染拡大により悪化する経済環境・・・既存メディアやWEBなど広告業界の環境悪化も楽観を許さない状況です。SHAFT+では、このような環境を逆に好機と捉え、クリエイティブ力・企画力の更なる向上を目指しながらクライアントに貢献できる新しいソリューションをご提案します。
●SHAFT+ではクリエイティブを軸に、デザイン、WEB、イラストレーション、スチールフォト、映像、印刷、各種メディア、屋外広告等、総合的に一貫したプロモーション事業の企画提案を行います。
SHAFT+を宜しくお願いいたします。

                    シャフトプラス合同会社 代表 小薗守男

<プロフィール>
鹿児島県伊佐市生まれ。
地元の高校を卒業し、大阪にて学生時代を経てグラフィックデザイナーとしてスタート。広告制作会社に勤務しパナソニック、シャープ、マンダム、ダイキンなど大阪を拠点とするメーカーの販売促進企画、広告デザイン制作を中心に磨きをかける。父親との約束で20代後半、鹿児島へ帰郷。制作プロダクション印刷会社(企画室)を経て、放送局系広告代理店でディレクター〜プロデューサーとして経験を積み、2020年4月にクリエイティブオフィス「シャフトプラス合同会社」を創業。気がつけばこの業界に約40年も生息・・。(汗)

※実績、作品はクライアントとの守秘義務の観点からすべてを公開しておりません。